スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わしの18年

わしが模型をやめたのがVガンダムの頃だから93~94年あたり。
当時17才ぐらいの頃。
最後に作ろうとしたのは1/144のVガンダムと1/144ハイグレードのガンダムMKII。

V.jpg

Vガンは、ランナー2枚でポリキャップのランナーを挟んで閉じると
パーツが組み上がって、それをもいで繋いでいくという
超合理的な設計に感心しつつも、
胸部が設定画より小さすぎる事や
モールドがゆるい事、関節がポリパーツな事
パッケージがダサイ事、などが気に入らなくて
ポリパテでフルスクラッチに挑戦し、
顔と胸で満足して作業が止まってしまった…。

MK2.jpg

MKIIの方はインストに描かれている
カトキハジメ先生によるイラストのかっこよさと
当時ニイタニという模型店でしばらくのあいだ飾ってあった
1/144センチネル版バーザム(おそらく当時のモデラーさんの自作。めちゃくちゃかっこよかった)に衝撃を受けた事などにより、
これはもうセンチネルアレンジで作るしかない!となって
パーツの面の繋がりに対してヤスリを当てて
C面(←こういう単語は当時はまだ模型誌等では見なかったと思う)作ったり
フェイスをHGのガンダムRX78から流用してヘルメットをポリパテで自作したり
胸のダクトをプラ板で自作したり…。

多色成形とかどーでもよかった。
そんな事よりアレンジの古さにガッカリしてた。
ま、しょーがないかーとも思ってたけど…。

で、やっぱり途中でやめてしまった。。。

それからしばらくは模型誌を立ち読みしてたりはしてたかな?
95年のMGのRX78もそのあたりから流行ったマックス塗りも
カトキ先生やモデグラのセンチネルアレンジと比べると
古くさくてダサイわー、と切り捨ててた。
バンダイのやる事はことごとくダサイのー。
わしはそう思うようになってしまっていた。。。

オシャレかダサイかは当時のわしにとっては一大事だったのだ。
今思うと、そこがものすごくダサイんだけどw

で、模型作らなくなって15年の月日が経過し2009年の夏、
海老川兼武先生のガンダムエクシアリペアのデザインにしびれて
ついに模型復帰したわけです。

………長々とすいませんw

何が言いたいのかと言うとですね、
今やってるAGEとジェスタ、
まさにこの17才の頃の状態とかぶってるんですよ。
あの頃のわしはここで止まってしまったんですよ!!

これは心理学的な意味があるのでは無いか?とか
自分にしかわからないしょーもない事をぐだぐだ考えながら作業してたら
こんなカタチになりましたw

IMG_0769_b.jpg IMG_0770_b.jpg

IMG_0772_b.jpg IMG_0776_b.jpg

だいたいのシルエットはできたかな?
ここまでは作業量の違いはあれどデクーでやった作業と同じレベル。
ここからのディテールの作り込みは未知の領域。
フレーム部分とか、正確で工業的なカタチをきれいに作り込むことで
メカのかっこよさは見違えるはず。

なんとなく、17の頃には無理だった事も35になった今ならできると思える。
人間的にはまったく成長してないどころか
むしろ悪くなったんじゃないかと自分で思うけど、
かっこいいと思う物をカタチにする能力は成長してる実感がある。
この18年をなんとか肯定しようとしてるだけなのかも知れんけどw

とはいえ、やっぱ海老川兼武先生とバンダイのおかげかな?
キットの立ちポーズの完成度が高いが故です。
わしは海老川先生の大ファンだと認めざるをえまい。

しかしバンダイの売り出し方はどうかしとるわ。
プラモキッズよりゲームキッズを量産しようとしてるよね。感じ的に。
わしが男の子の親だったらゲイジングとか絶対やらさんわ。
そんなことに金使うのはもったいないだろーが。
そんな金は模型の消耗品に使え!!ってちゃぶ台ひっくり返す所ですよ。
昭和モデラーの生き残りとしてはw

とにかく、こういう作業ってめちゃくちゃ面白いです。
こればっかやっていたいよーww



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういえば、今月のHJ、
ちょいさんがオラザク選手権で銅賞を獲得されました!
いやー。ちょいさん素敵ですわー。
おめでとうございます!!
わしもがんばります!

それと、今回グランプリを穫られたあにさんのブログは
わしが模型復帰してから勝手にバイブルにしてて
マシーネンや筆塗りに力をいれてるのは
完全にあにさんの影響です。

なので今月のHJのオラザク発表は
なんとなく勝手に他人事じゃない気がしていますw




スポンサーサイト

ガンダムAGEのようななにか

IMG_0690_b.jpg

関節固定で動くのは首と肩のみという簡単キット、
アドバンスドグレードのガンダムAGE-1ノーマル。
すごくよくできたパーツ構成でパチ組だけならものの5分で終了しますw

息抜きに筆塗りでさくっと仕上げようと思って買ってみたんだけど
そのまま仕上げるのも面白くないんで量産型っぽくシンプルにしてみよっかと
肩のパーツにニッパー入れたのがすべてのはじまり。

ここもここもとパテ盛ってカタチを変えてくうちにいつのまにか
持てる工作技術の全てをぶつける対象になってしまったw

ガンダムAGE-1は物語の最初の主役メカで
これからパワーアップとかしていく事を考えると
基本的な素体ガンダムとしてはすごくよくできたデザインだと思う。
でもそんなメカなんで前のシリーズのダブルオーなんかと比べて
どことなくセーブされたおとなしいデザインだなーとも思う。
番組が子供向けってこともあるんだろうけど。

IMG_0720_b.jpg IMG_0734_b.jpg

IMG_0745_b.jpg IMG_0716_b.jpg

基本的にわしの好みのカタチに変えてはいるんだけど一応キットになじむラインで
わしの感じる海老川メカの方法論にしたがって改造しているつもり。

そうこうしているとダブルオーのメカっぽくなっちゃったけど
たぶんそういうもんなんだとw

今回はHMCのQ.Bさんに譲っていただいたマジックスカルプをメインに使ってます。
これがまたすごく使い勝手がよくってちょっと病み付きになってます。
ちょっと硬化時間が長いんだけどデザインを考えながら盛りつけるにはこれぐらいがちょうどいいかも。
もうちょっと早く固まってくれてもいいかなー。
完全硬化するとかなり固いんでシャープなライン出しはすごくやりやすく感じます。
量が多いのもいいよね。

このアドバンスドグレードはキットのフレームに
外装パーツがかぶさるような基本構造になってて
フレームの肉抜き穴にメンターム塗ってそこにパテ盛って作る事で
後で取り外しができるように作れたりとか
こういう改造に非常に向いているんではないかとわしは思います。
関節が固定なぶんカタチだけに集中できるのも好都合だし。

今作ってるもろもろの中で一番こいつが面白いんですが
まだまだ時間がかかりそうなんでいったんここで休憩にして
ジェスタを再開させます。1月の定例会に間に合わせるのが目標です!

____________________________________


HMCの頼もしき先輩モデラー、FBさんのブログと相互リンクしていただきました!

プラモ作る。とにかく作る。

ご存知の方も多いと思うんですが、
わしがHMCの定例会に顔を出すようになる前から
fgで注目していた超凄腕モデラーさんで
完成品を初めて生で見れたときは非常に感動しました。
えーこんなに小さかったのーって感じ。
とにかく見てもらったらわかるけど作品の完成度ハンパないです。
最近、造形に関して色々とアドバイスしていただいているのですが
レベルが高すぎて話は理解できてもわしには無理かもと思う事が多い
そんなお方ですw



プロフィール


Author:トンダタケヒロ


得意ジャンルはSFメカ系。改造大好き出戻りモデラー。なんでも作ろうと思っとるけど部品の多いキットは苦手かも。塗装はだいたい筆塗り。

―リンクは完全フリーです―
よろしくお願いいたします。




カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。